リフォームで介護にGOODな家にする│家族全員が住みやすい家に

内観

費用を抑える

作業員

バリアフリーを取り入れるにあたって、やはり気になるのは費用でしょう。リフォームというと結構な費用が掛かるイメージがあります。例えば大掛かりな工事をする場合にはそれなりに掛かりますが、手摺を付けるなどのリフォームなら費用が抑えるられ、たった1日で導入することも可能です。リフォーム工事をするとなるとそれなりに費用が必要になります。しかし現在では条件を満たせば助成金を受けることが可能になっています。「高齢者住宅改修費用助成制度」と呼ばれるもので、介護保険から20万円を限度として工事費用の9割が支給されるのです。助成金を受けることができるのは要介護や要支援の認定を受けている人です。そして日常生活を助けるために行うリフォームであるため、工事を行う住宅の住所が被保険者証の住所と同一である必要があります。もちろんその住所に本人が実際に住んでいるということも必要条件です。

助成金を受ける対象となるリフォーム工事の内容は、玄関や廊下・浴室・トイレなどで移動を助けるための手すりの設置費用、また高低差をなくしたりスロープを取り付けるなど介護に大切な段差解消のための工事などがあります。さらにドアを引き戸など使いやすいタイプに変更する、転倒防止のために滑りにくい床材に変えるなどの工事も該当します。これらの助成金を受けるためのリフォーム工事は対象となる工事が決まっており、工事の内容によっては適用外となる場合もあります。また実際に住む人の状態に合わせたものであることも大切です。そのため介護リフォームを専門に手がけている施工会社のように知識や技術をしっかり持っているところに依頼することが大切になるため、リフォーム業者選びも大事なポイントです。

Copyright© 2016 リフォームで介護にGOODな家にする│家族全員が住みやすい家に All Rights Reserved.